So-net無料ブログ作成
検索選択

マチカネワニとシャンデリア [日々のこと]

海洋堂の方に説明してもらいながらマチカネワニの模型アクリル絵の具で色づけする、というイベントに息子が参加。まずは海洋堂のプロの方の作品はこちら。模型をみて感動。作者の方から制作するときの話も伺ったので感動もひとしお。

IMG_20140809_115713.jpg

特に好きだったのはこの黄色いタコみたいなやつ。目が釘付けになった。

IMG_20140809_115658.jpg

配られた海洋堂製マチカネワニの模型に、いろんなワニの写真を見ながら好きなように色づけしていく。

IMG_20140809_114149.jpg

で、できあがったのはこちら。

image (2)

会場となった阪大の総合学術博物館の入り口には海洋堂製マチカネワニが展示されていた。午後から用事があったので博物館内はゆっくりみられなかったけど、ちらりと覗いたらなかなか面白そう。こじんまりとした感じの良いミュージアムショップとカフェもあったし、今度また子ども達とゆっくり見に来よう、と思う。

IMG_20140809_123511.jpg

さて、こちらは娘の作品。学校で作ってきた「シャンデリア」。確か7月のいつかに持って帰ってきて、とても素敵だったのでずっと飾っている。

IMG_20140802_094707.jpg

リビングの窓のこの角度から雨を眺めるのが好き。

IMG_20140802_094350.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

セミと花火 [日々のこと]

semi.jpg

夏祭りの帰りにマンション内でみつけたセミ。久しぶりに羽化したばかりのセミを見た。たぶん30年以上ぶり。夏になってセミの声が聞こえる度に、子どもの頃に見た羽化したばかりのセミの羽根の色を思い出すが、あまりにも前のことすぎて、あれは幻だったのかと思っていた。思っていた矢先の実物だった。我が子たちが一緒にセミの羽化を見ていたマンション内の友達に、翌朝5時にみんなで集まってセミが飛び立つのを観察しよう!と声をかけていて子ども達は盛り上がったまま各自家に入った。そして翌朝、5時に集まったのは我が子たちのみ。しかも1時間観察していてもセミは飛び立たず。昼間に見に行ったら飛び立っていたけど。数名しかいないマンション内の小学生の気持ちの距離が、夏になってから縮まっていて、外で水鉄砲をしたり近くの公園で花火などやっている。花火の日は大人も参加した。4年生になって人生始めて花火をしたという子がいた。最初は怖がっていたけど、最後に線香花火をするころにはすっかり花火の虜に。水を張ったバケツを囲んでみんなで線香花火を思い存分やって終了。小さな火の玉が水に落ちたときのジュッという音を聞きたくて、子ども達が急に静かになる。線香花火は花火のシメいふさわしい花火だなと思っていたが、みんな帰る場所が同じだから結局賑やかに夜道を歩き帰路に着いた。

IMG_20140723_193433.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

6月末にやったことの覚え書き [日々のこと]

1ヶ月が経つのって早い。意識して日々を楽しまないと、ぼんやりしているうちにあっという間に還暦を迎えてしまいそう、と毎月始めに思う。今年も半分終わってしまった。

P1060937.jpg

6月の終わりにニゲラの種を取った。ニゲラは花が咲いてからも咲き終わってからも、種さえも、私好み。種を指ですりつぶすと甘い香りがする。

P1060938.jpg

それからもうひとつ6月の終わりにやったことは、梅シロップの仕込み。塩糀の仕込みと同様、この作業は子ども達担当。

紫蘇ジュースと新生姜の甘酢漬けも子ども達とやりたかったが、心の余裕がなかった。どちらも作業段階でサッと色が変わるのを子ども達に見せたかったんだけどなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 

お土産 [日々のこと]

お土産1

息子が修学旅行から帰ってきた。3000円のお小遣いで買ってきたお土産の数々。4年生の時に高野山キャンプへ行ったときも思ったけど、上手に買ってくるな、と思う(親ばか?)。中でもジュレはどうしても家族で食べたかったらしくひとつ追加して4個分。ありがとう。薔薇ようかんは、薔薇ジャムとどちらにしようか悩んだらしいが、お母さんは薔薇ジャムは食べたことがあるけど薔薇ようかんは食べたことがないだろう、と思って買ってきてくれたらしい。ありがとう。薔薇ようかん、私は自分では絶対買わないと思うので、楽しみだわ。

お土産2

こちらは大ちゃんが出張のお土産で息子に買ってきた祝・東海道新幹線50周年記念ようかん。息子は電車もようかんも好きなので、もったいなくて食べられないらしい。もう2ヶ月くらい冷蔵庫に入れたままのような気がする。いつ食べるんだろう。51周年になったら食べるかな。
nice!(0)  コメント(0) 

鉱物ラジオ [日々のこと]

P1060856.jpg

鉱物ラジオ作成中。電池が要らないラジオがあるなんて、しかも手作りできるなんて知らなかった。しかもしかも、小学生でも簡単に作れるなんて!私は写真を数枚撮っただけで作る過程はみていなかったが、小学6年生が説明書をみながらひとりで作れるほど簡単。

P1060867.jpg

完成後に早速アースにつないでラジオを聞こうとしたみたいだけど、うまく受信できなかったらしい。その後放置。もう1週間もリビングのテーブルの上におきっぱなし。この鉱物ラジオは大ちゃんが注文したものだった。その成り行きはというと・・・・内容をまとめて書こうと思ったけど面倒くさくなったのでそのまま転載。(以下大ちゃんのFBより)

****************
「北欧の地誌」という授業で今学期は「北欧の世界遺産」論を講じています。毎回、授業の前半はアドリブで受講生たちに「話を聞きたい世界遺産」を選ばせ、それについて僕がありったけの蘊蓄を語り尽くし、授業の後半は学生たちのグループで選んだ世界遺産について、スウェーデン語やデンマーク語で書かれた情報に根拠を求めて調査をすすめさせる…という感じでやっています。
今週はスウェーデンの「ヴァールベリの無線局」について聞きたいというので、そこにあるスウェーデンとアメリカを結んだ超長波無線発振器を開発した著名な発明家・技術者Ernst Alexandersonの事績(テレビの開発も彼の手によるところが大きい)や、こういう設備を必要としたスウェーデンからアメリカへの大量移民時代の話(スウェーデンに親を残して片道切符が当たり前だった)をしたのですが…「育った時代が違うとこうも話が通じないものか…」と実感したのがラジオや無線通信の話。
いまやラジオはインターネットで聞くのが当たり前になってしまっている訳ですが、FMやAMはまだしも…SW(短波)放送のことをほとんどの学生が知らないというのには驚きました。(僕が子供の頃はロシアの音楽が聞きたくてモスクワ放送とかかぶりつきだったのに。)ちなみにヴァールベリにあるAlexandersonの超長波送信機は電子式短波放送が実用化される前の大陸間無線通信を可能にした装置で、現在でも毎年7月第一日曜日のAlexanderson dayには、実際にこの機会を稼働させ、アメリカのアマチュア無線家たちはそこから発信されたモールス信号を受信することが恒例になっています。(Youtube上でGrimetonとかAlexanderson dayとかで検索するとたくさんの動画があがってきます。)
さらに驚いたのは、この話をした時にアマチュア無線の話をほぼすべての学生が知らなかったことです。昔は世界中の人と国境の垣根を越えて話そうと思ったら、それぐらいしか手段はなかったというのに。僕は、父がアマチュア無線の免許をもっていて無線通信をするのが趣味の一つだったこともあり…小学生の頃には鉱物ラジオだとかハンダゴテを握って一緒につくっていた経歴をもっています。そんな僕が「旧世紀の遺物」なのか。という次第で、そもそも無線で通信をするというのはどういう仕組みによるものなのか教えこもうと、先ほど小学6年生になる息子むけに簡単な鉱物ラジオ・キットを注文してしまいました。
****************


【科学工作】電気・磁気 手作り鉱石ラジオ(ゲルマニウムラジオ)【科学工作】電気・磁気 手作り鉱石ラジオ(ゲルマニウムラジオ)
()
アーテック

商品詳細を見る

nice!(0)  コメント(0) 

 [日々のこと]

昨日は撮りだめした「ダウントンアビー」と「スーパープレゼンテーション」を見ていて、寝るのが深夜の2時過ぎになってしまった。見始めた時間が遅かったのだけど。今日は土曜日だが小学校の授業参観があるので、子ども達はいつも通りに登校。というわけで朝ご飯を作る私は寝坊が出来ず、睡眠不足。子ども達が登校してからは久しぶりの静かな朝。あまりにもゆったり気分だったので思わず仕事のメールの返事を書いてしまったわよ。最近仕事の夢を頻繁にみるようになり、先日は英語で寝言を言っていたらしい。仕事人間か・・・。

P1060853.jpg

娘がくれたバラの花。真ん中のねじり加減が絶妙。私が子供の頃にもこんなしゃれたおりがみの折り方があったのかな。あまりにも素敵で、差し出されたときにドキッとした。

P1060851.jpg

息子が学校から持って帰ってきた花。図工の時に時間があまったので残った紙で作ってきたらしい。息子が寝る前にこれを作った時の説明を延々と話していたのだけど、その時「紫色」のことを「藤色」と言っていたのがおもしろいなと思った。幼稚園の時に保育室に置いてあった折り紙コーナーの色の名前がいちいち渋い表現だったのだけど、その色のイメージをまだ覚えていたようだ。息子に聞いたら「紫色と藤色は全然違う」と言って、どう違うと思っているのか、これまた延々と語ってくれた。神谷美恵子さんが著書の中で「人の審美眼がどのように養われるのかに興味がある」というようなことを書いていたことを思い出した。色の概念、美しさの概念は子供の頃の体験が大きいのだろうな。とりあえず生活の大部分を占める家の中はこざっぱりしておきたいものだ。というわけで、部屋の掃除しようっと。
nice!(0)  コメント(0) 

9歳 [日々のこと]

BD9.jpg

娘の9歳の誕生日バルコニーに咲いている好きなバラをとっていいよ、と言ったら、ゴージャス系ばかりをとってきた。ウォラトンオールドホール、ウィリアム・シェイクスピア2000、ゴールデンセレブレーション、アンブリッジローズ、アイスバーグ。今年も自分で誕生日の計画を立てていて、今年のリクエストは、ケーキはおいしいケーキ屋さんで買ってきたもの、夕飯はしゃぶしゃぶ。ということで、その通りに。こんな風に毎日誰かが食べたいものをリクエストしてくれると楽なのになぁ。いつも「夕飯何食べたい?」って聞いても、みんな「何でもいいよ。」なんだもん。

mahonotubo.jpg

先日昨年度小学校で作ってきた作品などの整理をしていたら出てきた娘の絵。魔法の壺をイメージして描いたらしい。音楽が聞こえてきそう。これからも音楽、お絵かき、書道、鉄棒等々、好きなこと楽しんで下さい。9歳おめでとう。
nice!(0)  コメント(4) 

母の日 [日々のこと]

mothersday.jpg

ゴールデンウィークが明けて、1日半だけ仕事に行って、その後の1日半は小学校の参観や小学校のPTA活動のために有給をとり、そのまま週末に突入。土曜日はいただいた図書カードを持って子ども達が大ちゃんと本屋さんに出かけていった。買ってきた物は本ではなくて野球カードとか文房具。それから母の日のカーネーション。ありがとうございます。花は、子ども達曰く「大ちゃんがおごってくれた」らしい。ありがとうござます。日曜日の母の日当日は、別に母の日だからってわけではないだろうけれど、大ちゃんが子ども達を自転車で外に連れて行ってくれたので、私も家の片付けなどが出来て満足だった。出かける前に娘が財布に入っていた千円札を野口英世の顔が逆さになるように入れ直していた。「こうするとお金が逃げないんだって。」なんて言っている。お金を使うのが好きな娘よ、お金を逃がしているのはあなたでは・・・と心の中で突っ込む。12時半に自転車で出かけていった3人は4時半ぐらいまで戻ってこなかった。遅いなと思ったら、街中まで自転車で行ったが息子が欲しかったヤマトのプラモデルがなかったので電車に乗って梅田まで繰り出したとのこと。長い坂道を自転車でこいだし、電車で遠出したし、梅田は人が多かっただろうし、さぞかし疲れたかと思いきや、子ども達はそれぞれが欲しい物をお小遣いで買ったからか、疲れた表情を見せず、帰宅してすぐに黙々と作業に入っていた。息子はヤマトのプラモデル作り。娘はスイーツを作るおもちゃ。という感じで、この1週間はわりと自分の時間があったはずなのに家が片付いていない。書かなければいけない書類もたまっている。サボってるわけじゃないんだけどなー。近頃の私の課題は「タイムマネジメント」。
nice!(0)  コメント(0) 

雑誌 [日々のこと]



朝、仕事に行く前に娘の机の上を見たら、懐かしい気持ちが甦ってきた。雑誌とファンレターと10円玉に紙を当ててこすったやつ(何て言うんだろう、あれ)。鉛筆でこするの気持ちいいよね。あの快感、パブロフの犬みたいに、紙を見ただけで思い出した。もう30年くらいやっていないと思うけど。それからファンレター、私も書いてたわ、聖子ちゃんに。雑誌表紙モデルは元まいんちゃん。ファンレターも元まいんちゃん宛。まいんちゃん復活を願っているらしい(こっそり読んでごめん。でも机の上に置きっぱなしだったから〜。)娘にこの雑誌を買ってあげた時、息子には「子供の科学」を買ってあげた。この日はふたりとも夕飯も風呂も早かった。トイレ滞在時間も長かった。そして静かな(静かめな)夜だった。こんなふたりを見ていると、親として誰もが思うようなことを思う。勉強もこのくらいの集中力と熱心さでやってくれたらなぁ、と。
nice!(0)  コメント(0) 

桃の花、桜の芽 [日々のこと]

シーズンは、今までインフルエンザにかかったことがなかったヨースケとウタさんがインフルエンザにかかり、ウタさんなんてA型にもB型にもかかった。ただ今B型。熱が下がったところ。今日は終業式で午後からヨースケが家にいるので、ウタさんの看病は午後ヨースケに頼むことにして、仕事は半休をとり午後から出勤しようと思っていたら、昼に職場から電話。「お子さんのために、今日は休んで下さい。命令です。」と。というわけで思いがけず1日家にいることになったけれど、何かが捗ったわけでもなく、熱が下がってすっかり元気になっているウタさんの相手でくたびれた。バランスボールエクササイズを一緒にしたり、ウタさんが鉄棒でグルグル回っているの見たり。こんなことで有給をひとつ消化してしまったけど良かったんだろうか。

今日みたいな天気が良い日に1日家にいて良いこともあった。桃の花の開花が見られたこと。「自宅で桃の花を咲かせてみませんか」と手書きのメッセージが貼られたバケツにざっくりと入っていた桃の枝を入手したのは先月の末のこと。家に持って帰って同じようにざっくりと大きめの花瓶に入れて良く日が差すベランダに置いておいた。数日前からピンク色の膨らみが目立ちだし、今朝はまだふっくらしていただけだったのに2時頃見たら一輪咲いていた。今週は暖かくなるようだから満開になるかな〜。
P1060379.jpg

こちらはキッチンに置いてある桜の枝(たぶん)の挿し木。先々週ヨースケが友達と散歩をしていて拾ってきたもの。仕事から戻ってきたら挿し木がキッチンに置いてあった。当初は枝から出ている芽が黒ずんでいて、とても生きているとも思えない状態だったが、昨日よーく見ると緑の芽が!
P1060380.jpg

ヨースケには生まれたときから「イケメンになりますように」と念じているがなかなかそうならず、ため息がでることも多いが、趣味が散歩やサイクリングで(小学生なので友達との行動はひたすら校区巡り)、そして拾ってきた枝で挿し木を楽しめるところはとても良いと思う。そうゆう男子って素敵ね(単に私好みなだけだけど)。

nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。