So-net無料ブログ作成
おでかけ ブログトップ
- | 次の10件

金沢:忍者寺と利家御膳 [おでかけ]

朝9時半に予約して、妙立寺に行ってきた。そこは通称忍者寺。堂内にさまざまなからくりが仕掛けられている。子ども達が大きくなったらいつか一緒に行こうと思っていた場所。そろそろ2人とも堂内ツアーの解説もわかって楽しめる年頃になっただろうと思い連れて行く。私はこれで5回目くらいだけれど、かつてないほど人が多く、築350年以上経つお寺なので床が抜けるのではないかと心配になった。小グループで丁寧な解説付きで回れるので楽しい。ただし子どもには厳しく、少しでも騒いだりすると即退場となるらしい。大人にも厳しく、お寺まで自家用車での送迎禁止。電話での予約時にどうやって来るのか聞かれ、そのときは私が運転して車で行こうと思っていたので「車です」と伝えたが(駐車場あり)、朝になって母が送ってくれるというので車で送ってもらった。送迎禁止だとは知らなかった。受付の時に再度どうやって来たか確認され正直に「車で送ってもらいました」と答えたら、その瞬間受付のお姉さんの態度が豹変し、絶対に帰りは車で迎えに来てもらわないで下さい、今ここで運転してくれた人に電話して伝えて下さい、今、今です!!!とめちゃくちゃ叱られた。知りませんでした、ごめんなさい。でも今電話してもまだ運転中なのであとでしますし、そもそも帰りは歩いて帰るつもりです(徒歩35分)と伝えても、頑なに電話しろと言う。そして一番怖そうなお姉さんがでてきて(お姉さんがたくさんいる)とにかくいいから電話しろと。電話しないと堂内に入れられないと。私は何も強く反応していないのに一方的に攻撃されて怯む。そしてとりえず家で寝込んでいる妹に伝言。やれやれ。このお寺には若い頃から訪れているが、こんな対応は初めてでびっくりした。そいういえば電話予約の時も態度が冷たかった。小学生連れですと伝えたとたん怒ったような声になったなぁ。観光客が増えすぎていろんな事があったのだろう。堂内のからくりを説明するツアーは相変わらず面白く、子ども達も熱心に耳を傾けていた。

妙立寺→http://www.myouryuji.or.jp/index.html

2泊だけの帰省だった。夕方のサンダーバードで大阪に戻る。私は金沢駅であれこれ買い物をするのが好きだけれど、子ども達はそれにつきあうのが嫌い。というわけで、息子だけ先にホームに入っていてもらった。カメラで電車を撮りたいというので。私と娘が出発10分前にホームに入ったら、ひとりでうろうろしている息子がいた。トワイライトエクスプレスも撮れて嬉しかったらしい。良かったね。写真は、入線してきたサンダーバードを撮影している息子を撮影したもの。

金沢駅

駅弁は「利家御膳」。金沢に来る度に大ちゃんが食べる駅弁。娘が食べてみたいというので買いに行ったら、残り2つだったので息子用にも買う。

P1060673.jpg

おいしい。

P1060675.jpg

家に戻ったらバルコニーのバラが咲いていた!
nice!(0)  コメント(0) 

金沢:鯉流しと和菓子作り [おでかけ]

ゴールデンウィークだけどカレンダー通りに仕事なので4連休。大ちゃんはその4連休のど真ん中に東京で仕事。というわけでゴールデンウィークに家族で旅行とか、そうゆうのは諦めた。2日は定時まで仕事をしてダッシュで帰宅し、私と子ども達だけで夜に金沢に帰省。妹も帰省していたので翌日はみんなで楽しもうと計画していたのだけど、夜中に妹の体調が悪くなり寝込んでしまったため一緒に外出は断念。というわけで私と子ども達だけで街をぶらついた。なんだかいつものメンバーだなぁと思いながら(きっと子ども達もそう思っただろう)。

P1060570.jpg

まずは浅野川の鯉流し。思っていたより規模が小さく、近寄ってみると「流し」というより「水浸し」。写真で見た方が素敵に見えるタイプのイベントだと思う。観光客で賑わっていた。天気が良かったのでその後金沢城跡公園まで歩く。公園では百万石菓子百工展なるイベントが開かれていて、そこで和菓子作りを体験。

P1060583.jpg

あんこを包む作業って難しく、私は成功した試しがないけれど、娘も息子も器用にやってのけていた。

P1060587.jpg

ひとつひとつの工程を丁寧に説明してもらい、できあがったのはこちら。「青葉」と「北陸新幹線」。

P1060593.jpg

公園内には老舗和菓子店が軒を連ね、ゆるキャラがうろうろしていた。

P1060597.jpg

このあと21世紀美術館に行こうと思ったが、子ども達がもう歩きたくないというので母に車で迎えに来てもらって帰宅。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭の野外演奏とかもやっていて、そちらも散歩がてらに見たかったけれど、歩いて通過しただけ。子ども達は早く家に戻って、作った和菓子を寝込んでいる妹に見せたかったらしい。
nice!(0)  コメント(0) 

明日香村サイクリング [おでかけ]

P1060482.jpg

寒くもなく、暑くもない季節になってきたので、明日香村をサイクリングで回ってみた。貸し自転車屋さんまで車で行き(駐車場無料)自転車を借り(ネット割引を利用して1人1日900円)いざ出発。まずは私の憧れ「石舞台古墳」へ。と言っても、貸し自転車屋さんからすぐの場所だったけど。石って、いいね。石って。中にも入れるようになっていた。自転車用ヘルメットをかぶって入っていった子ども達が工事中の人のようにみえた。または洞窟探検隊のような。その後、聖徳太子が生まれたお寺と言われている「橘寺」、万葉の地を歩く会みたいな人々でごった返してよく見られなかった「亀石」、田畑が広がるところの陰にひっそりあった「鬼の雪隠」など自転車でまわり、「高松塚古墳」へ。

P1060526.jpg

ここには広々とした飛鳥歴史公園があり、そこでピクニックやキャッチボールをしている人がたくさんいた。そんな光景をうらやましく横目で見ながら通過。私1人ならこの公園で1日つぶせるが、私以外の家族のメンバーはそうゆうタイプではないので先に進む。高松塚古墳を後にするとき「花四神」を発見。子ども達曰く「あっ、コナンで出ていたやつ!」。

花四神

最後に目指すは日本で最古の大仏様がある「飛鳥寺」。回った場所は坂道が多く、距離としては長くないが貸し自転車がママチャリだったので漕ぐのが一苦労だった。疲れてぐずりだした娘に「もうすぐだよ。」と声を掛けながら飛鳥寺に到着。実際「もうすぐ」ではなかったので娘に激怒された。気を取り直して境内に足を踏み入れる。すると飛鳥蹴鞠の最中だった。

P1060542.jpg

御堂に入ると日本最古の大仏様が!御年1406歳。

P1060544.jpg

大仏様を見ていたらどこからともなくお寺の方が現れて、そこに居合わせたみんなが大仏様の前に座ることになり、簡単な読経と大仏話が始まった。わかりやすい解説だった。ありがとうございました。大仏様の撮影OKだったので、みんな大仏様を撮りまくっていた。アイドルだな、と思った。私はこのサービス精神旺盛な飛鳥寺が今回のサイクリングで一番好きだった。あっ、石舞台古墳も良かったな。あそこに住みたい。お墓だけど。

P1060546.jpg

田舎道を走り、石舞台古墳そばの貸し自転車屋さんに戻る。どんな石もどんな山も古墳に見えてくるのどかな村だった。聖徳太子も推古天皇も、中学校の時の歴史のテストに出てきたあの人も、この人も、この景色を見ていたんだなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
- | 次の10件 おでかけ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。