So-net無料ブログ作成

スムージー [料理]

フルーツをグラスに貼り付けたり、ヨーグルトやフルーツソースで模様を描いて、素敵なスムージーを提供するお店をテレビでチラっとみて、私なりに挑戦してみた。スムージーは朝作っているので、忙しくても簡単にできる範囲で。初挑戦はキウイ。
IMG_20170906_065634845.jpg

次は、イチジクとバナナ。
IMG_20170908_074101101.jpg

その次は、イチゴスムージーとヨーグルトをしましまにしてみたかったけれど、比重が合わず混ざる。
IMG_20170910_074656837.jpg

その後も、キウイ、イチジク、イチゴ、バナナといろいろ組み合わせてグラスに貼り付け試してみたが、なんせ朝ご飯の時にやっているので、子供たちの、見た目はどうでもいいから早くスムージーを出してオーラを感じてやめてしまった。今はまた元通りのスムージー。

スムージーに使うために凍らせているスムージーを子供たちが(主に娘が)勝手に食べてしまうので、どうやったら食べないと思う?誘惑に負けないようにするにはどうすれば良いと思う?と娘に問うてみたら、袋に目をつけていた。
IMG_20170923_094735614.jpg

実際、効果あるらしい。しかし目がキラキラね。もっと怖い目を描くのかと思ったけど、こっそり食べたら豹変する目なのかな。
コメント(1) 

テラトリウム [子供の作品やお仕事]

夏休みもいよいよ残すところ数日、というある夜のこと。仕事から帰ってきたら娘が夏休みの自由作品でテラトリウムを作ると宣言してきた。鉱物の本を読んでいて作りたくなったらしい。私のイメージしているテラトリウムは苔をベースにしたものだけど、娘にとっては石がメインらしい。娘は小さい頃から石が好き。

土曜日の朝一番に近所のミュージアムショップへ行きお徳用鉱物セットのようなものを入手。入っていた鉱物は、石英、紫水晶、黃鉄鉱、ホタル石、メノウ、黒曜石だった。今まで本の中でしか知らなかった鉱物を手に入れウズウズして後部座席に座っている娘が「ママ、開けてもいい?」と聞くので、「良いよ。」と答える。ミラー越しに娘の様子をチラッと見ると、鉱物と名前をひとつひとつ確認していた。「ありがとう。今までで一番うれしい。」と泣きそうな声で静かに言う娘。感無量なのか。可愛い。そんなに喜んでもらえるともっと石を買ってあげたくなる。買わないけど、ちょっとオヤジな気分になる。

ベランダにある多肉植物を選び、何かの景品でもらったマググラスを使ってテラトリウムを作成。
IMG_20170819_150513434.jpg

石を入れる作業に一番時間をかけていた。
IMG_20170819_151753305.jpg

霧吹きをかけて完成。どこから眺めても石がきれいに見えるように設計したらしい。完成後、どの角度からどうみえるように工夫したかの長い説明を聞いた。
IMG_20170819_155306097.jpg

IMG_20170819_155419133.jpg

そのテラトリウムは今小学校の教室の中。今のところまだ枯れていないって。多肉植物から根っこがでるといいな。

石好きな娘の好きな本。写真が美しいだけではなく、解説も詳しく、満たされた気分になる一冊。石を使った手作り作品が素敵で夢が膨らむ。


鉱物レシピ 結晶づくりと遊びかた

鉱物レシピ 結晶づくりと遊びかた

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2015/05/07
  • メディア: 大型本



コメント(0) 

再開 [日々のこと]

久しぶりに自分のブログを開いてみたら、なんと最後の更新は去年の10月だった。毎日あっという間。いつも思うけど、あっという間に還暦が来そうな勢い。子供たちはすっかり大きくなり順調に反抗期を迎えている。

息子は中学3年生。冬には人生初の受験にのぞむのである。塾が忙しくて平日の夜と日曜日はほとんど家にいない。なので息子とゆっくり話すのはいつも夜遅くからになってしまい、深夜まで話していることもしばしば。本人曰く、しゃべる反抗期。といっても、夜のおしゃべりは天気や電車や飛行機やニュースの話なんだけど。勉強の合間のリラックスは、時刻表。3歳くらいから見ていると思うけど、本当に飽きないんだね。本当に好きなんだね。先日は「あのさ~今、旅してたんだけど、聞いてくれる~」と話しかけてきた。時刻表をみて北海道を脳内旅行していた模様。
20170919.jpg

子供たちが小さかった頃に書いていたブログは、製本してあり、ブログ記事は消したけど、その頃の家族や子育ての記録が残っていて製本したものを読み返すといろいろ思い出して面白い。ここ数年、忙しいという理由でちゃんと書かなかったことを後悔している。私は本当に忙しかったのかな、ツイッターの眺めすぎだったのではと反省。ちゃんと記しておかなかった旅の話や日常のことを振り返ってまた記録しておこう、忘れないうちに。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。