So-net無料ブログ作成

万博記念公園 [おでかけ]

P1060795.jpg

先週の日曜日、大ちゃんが出張なので私と子ども達だけで公園に行きぼんやり外で過ごそうと思い玄関を出ると、お向かいに住んでる友達一家も出かけるところだったので、友達の子供ちゃんだけでも一緒にどお?と誘ってみる。結果、友達のパパさんだけが取り残され、ママと娘ちゃんは私達と一緒に万博記念公園に行くことに。パパさん、すみません。コンビニで昼ご飯を買い、万博記念公園でテントを張り、フリスビーやバドミントンで子ども達は遊ぶかと思いきや、あまり長続きせず、すぐにご飯。その後は川で水遊びやソラードを子ども達だけで回ってきたりしていた。みんな大きくなって、楽になったわ。私は久しぶりに友達とゆっくり話せてリフレッシュ。

P1060819.jpg

最後は足湯につかって帰る。息子は手渡された温度計付きストップウォッチで足湯制限時間10分間ずっと水温を測っていた。ヘンテコな息子を当たり前の様に受け入れてくれる友達の娘ちゃん。幼なじみって良いね。私と友達は子ども達とは別の足湯につかってのんびり。万博記念公園っていいわ〜。

そして先日の金曜日の夜のこと。螢を見に再び万博記念公園を訪れる。この日は残業をしていたので、ついでに大ちゃんを迎えに行き、大急ぎで夕飯を作って食べて、午後8時過ぎから出かけた。大ちゃんは疲労+週末に控えている仕事や出張のため一緒に来なかった。昔はパパもこんなときついてきてくれたのにねー、と子ども達が車の中でしみじみと話していた。私も仕事と家事で疲れていたけど、こうゆうパワーは別。ケーキは別腹、みたいな感じで。「螢の夕べ」のため万博記念公園は特別に午後9時まで入園できるが、さすがに午後8時を過ぎていると螢を見に来る人よりも帰る人のほうが多かった。「螢の夕べ」が行われている日本庭園の手前で人だかりができていたのでのぞいてみると大道芸人がルービックキューブで絵を作ったり、ジャグリングをしていた。

P1060826.jpg

螢を見に来たことを忘れて見入ってしまう。気がつくと午後8時45分。大慌てで日本庭園に入る。ちなみに入り口は午後9時までだけど、出口は午後9時半まで開いている。遅い時間だったけど、それなりに人はいた。そして螢はというと、たくさんいた。夢のようだった。超田舎育ちの私には懐かしい風景だった。とある場所ではLEDを点滅させているのかと思うほど螢が群生しており、それをみていた娘がアナ雪の「うまれてはじめて〜♪」をくちずさんでいた。生まれて初めてこんなに螢を見た、ということで、無意識に歌っていたようだ。で息子の方は、入り口で入手した日本庭園の地図を暗闇の中で熱心に見ながら歩いていた。三つ子の魂百までも。

P1060840.jpg

帰りはバラ園を通って帰る。夜のバラも素敵。でも時間がない〜。駐車場は午後10時までに出庫しなければならない。気分はゆったり、でも早足でバラ園を見て回る。ここで事件発生。バラ園の池の中にバラで作ったハートが浮かんでいたので写真を撮ろうと思ったらちょっとした動作ミスでカメラの部品が落ちてしまった。とても小さなパーツが外れてカランカランと転がった。周りは真っ暗。でも水の中に落ちた音はしなかったのでどこかにあるはず。子ども達にも協力してもらい地面に掌を当てて部品を探す。でもどんなに探してもでてこない。やっぱり水の中に落ちてしまったのかな、と思い、カメラフラッシュで水の中を確認したがみあたらない。がっかりして、でももしかして、もしかしたら!と思い水に浮かんだバラのハートにフラッシュを当ててよーーーーくみたら、バラの上に部品がのっかっていた。バラの上に落ちたんだね。バラがあったから水の中に落ちなかったんだね。ありがとう、バラ!やっぱりバラが好き♡。

P1060842.jpg

良い夜だった。

P1060848.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。